探偵コラム2

探偵コラム2

探偵コラム2

不倫については民法第770条で規定された離婚の事由にあてはまり、家庭が壊れた場合婚姻の相手に提訴される恐れがあり、慰謝料の支払い等の民事責任というものを果たさなければなりません。夫の方も子供たち全員が自立するまでは自分の妻を異性を見るような目で見ることができなくなってしまい、奥様とはセックスするのは無理という本音 が実はあるのだということです。浮気がばれることで今まで築き上げてきた信頼を失くしてしまうのはほんの一瞬ですが、失くしてしまった信頼の気持ちを取り返すには永遠に続くかと思われるような歳月が必要となるのです。少し前まで、「浮気は男の甲斐性」というように結婚している男性が未婚の女と不倫という不貞行為に及んでしまったという場合のみ、許容するムードが長きにわたって続き問題視されていました。業者が行う浮気調査というものは、尾行・張り込み調査を実施しカメラやビデオを使用した撮影・記録によって、不倫や不貞の説得力のある証を獲得し浮気調査報告書の形で呈示するのがごく一般的なスタイルです。

探偵コラム2関連ページ

探偵コラム12
説明文12
探偵コラム11
説明文11
探偵コラム10
説明文10
探偵コラム9
説明文9
探偵コラム8
説明文8
探偵コラム7
説明文7
探偵コラム6
説明文6
探偵コラム5
説明文5
探偵コラム4
説明文4
探偵コラム3
説明文3
探偵コラム1
説明文1