離婚を前提条件に

浮気調査 仙台

最初から離婚を前提条件に調査を決行する方と、離婚する意向は全く無かったのに調査を進める過程でご主人の不貞行為に対して受け入れる自信がなくなり離婚を決める方とがいて離婚に向かう瞬間も人それぞれです。
最近でいうところの不倫とは、既婚の男性または女性がその結婚相手とは別の異性と男女として交際し肉体関係を結ぶことをいいます。(独身の男性または女性が夫あるいは妻を持つ立場の人物と恋愛関係になり性交渉を行うということも同様)。
後悔だけの老後を迎えても誰かの責任になるわけではありませんから、浮気に関しての決断と決定権は結局は自分にしかなく、何人も違うと思っても口を出せない個人的な問題なのです。
プロの探偵は、そういう経験のない人とは段違いの驚異の調査能力によって説得力のある裏付けを着実に積み上げてくれ、不倫による慰謝料請求裁判などの大きな証拠材料を得ておくためにも疑問をさしはさむ余地のない調査結果は非常に重要な意味を持っています。
不倫行為については民法第770条の法的な離婚事由という項目に該当していて、家庭がめちゃくちゃになったという事実があれば婚姻の相手に裁判を起こされる恐れがあり、損害賠償等の民法に基づく責任を背負うことになります。